もののあわれについて981

女、「さりや、あな心憂」と思ふに、なにごとかは言はれむ。物も言はで、いとど引き入り給へば、それに付きていと慣れ顔に、なからは内に入りて添ひ臥し給へり。薫「あらずや。しのびてはよかるべく思すこともありけるがうれしきは、ひかがみか、と聞こえさせむぞと。うとうとしく思すべきにもあらぬを、心憂の御けしきや」と怨み給へば、いらへすべきここちもせず、思はずに憎く思ひなりぬるを、せめて思ひしづめて、中の宮「思…

続きを読む

日々の言い分487

白人、あるいは、欧米人、私は、キリスト教白人主義と呼ぶ人たち。 彼らの、やり方は、大嘘である。勿論、中国共産党の支配する、漢民族も、反日に関しては、世界的に、ロビー活動をする。 ロビイストたち・・・まさに、キリスト教白人の得意とするところである。 その証拠に、アメリカ大陸に渡った、白人のインディアンに対する、野蛮さ、そして、オーストラリアで行った、原住民、アボリジニに対する野蛮は、書き尽く…

続きを読む

日々の言い分486

私の嫌いな、投資家、ジム・ロジューズの、日本への警告、という本を読んでいる。 その中で、私の場合は、歴史や哲学を学び、興味を持ち続けてきたことで、将来どのような変化が起こるのかを長期的予想することができる。誰でも、歴史を知れば、すべてのことがかつて起きていたという事実がわかるはずだ。歴史はつねに、世界について多くのことを私に教えてくれる。私たちが新しいと思っていることも、ギリシャやローマの歴史…

続きを読む