もののあわれについて850

かく内参りや何やと、我が方ざまをのみ思ひ急ぐやうなるも、心苦しなど思して、大納言「さるべからむ様に思し定めて宣へ。同じ事とこそは仕うまつらめ」と、母君にも聞こえ給ひけれど、真木柱「さらにさやうの世づきたる様、思ひ立つべきにもあらぬ気色なれば、なかなかならむ事は心苦しかるべし。御宿世にまかせて、世にあらむ限りは見奉らむ。後ぞあはれにうしろめたけれど、世をそむく方にて、おのづから人わらへに、あはつけ…

続きを読む

日々の言い分44

そこは、 瞑想のために修行僧が多く集まる僧院でした。 ある時、 そこに修行に来ていた一人のミャンマー人が、 突然日本語を話し始めるという出来事があったそうです。 もちろん、 そのミャンマー人は日本語など話せません。 周囲は驚きます。 しかし偶然か必然か、 そこには日本からの修行僧の受け入れのために 日本語通訳を担当していたミャンマー人がいました。 彼がその日…

続きを読む

日々の言い分43

現在の世界の問題を生み出したものが、 国際金融資本=経済人であるならば、 この世界を変えるメインプレイヤーも、 まずもって、経済人です。 そして、実は、過去数十年に渡って、 日本の経済人も、国際金融資本が代弁する グローバル資本主義に毒され、 日本経済をおかしくしてきました。 だからこそ、日本を守るためにも、 世界を変えるためにも、 問題の根本にある資本主義の…

続きを読む