生きるに意味などない45

フロイト以後の多くの精神分析者は、ますます精神疾患を意味、人間関係、コミュニケーションのレベルで捉える方向へ傾いていった。わたしもその方向に沿って、擬物論の大波を、ただ人間の精神現象からだけではなく、生命現象一般から追い払い、それ本来の領域、すなわち無機的自然、物の領域まで押し戻したいと思っているだけである。 擬物論によって、物しか説明できないのは、当たり前の話である。 岸田 改行は私 …

続きを読む