生きるに意味などない51

精神疾患が生理学(発達してゆけばいつの日にか物理学に還元されることを暗黙の前提としたところの)の問題というより、コミュニケーションの問題と見られるようになったことについては、すでに述べたが、このコミュニケーション学は、いろいろな分野ですでに相当発達してきている。 遺伝学においても、遺伝子は、生理学的実体というより、情報を伝えるものと見なされている。 これらの考え方の背後には擬人論があるのだが…

続きを読む