生きるに意味などない53

一つの同じ先祖から短期間に多数の系統が発生したとき、その先祖の種の内部において、これまでの生き方ではだめだ、今後どう生きていったらよいかについて議論が百出し、あるグループは指の数を減らすことを、あるグループは角、鼻または首を長くすることを主張し、ついに意見の一致を見ず、議論は決裂し、それからのち、それぞれのグループはおのれの信念に従ってわが道を歩みはじめ、新しい種を形成したのである。 そして、…

続きを読む