日々の言い分60

グローバリズムに侵されたアメリカ経済は、あらゆるものをビジネスにします。奨学金ビジネスもそうですが、他には例えば少年院もその一つ。アメリカでは少年院も立派な「サービス」です。  民間業者が少年院を運営し、稼働率に応じて自治体政府が運営費を支払います。ポイントは、運営費(民間少年院の売上)が「稼働率」で決まるという点です。少年院に放り込まれる少年少女が多ければ多いほど、民間少年院の売上は増加…

続きを読む