もののあわれについて860

いま一所は、薄紅梅に、御髪いろにて、柳の糸のようにたをたをと見ゆ。いとそびやかに、なまめかしう、澄みたるさまして、おもりかに、心深きけはひはまさり給へれど、匂ひやかなるけはひは、こよなしとぞ人思へる。 もう、一方は、薄紅梅に、おぐしも艶があり、柳の枝のように、しなやかに見える。 とても背が高く、綺麗で、落ち着いた態度をして、慎重で、思慮深い様子は、優れていらっしゃる。人目につ…

続きを読む