日々の言い分155

仙台に、ちんどん「みやび組」というちんどん屋さんの、グループがいる。 その、代表の、みやびさんは、私との出会いの際に、 私、ちんどんを、やりたいの・・・ と、私に言った。 私は、即座に、すぐに、やるべきと、言った。 すると、彼女は、即、東京に出掛けて、江戸前の、ちんどんを、習った。 それから、11年目である。 徐々に、仙台の人たちに、知れ渡り・・・ そして、私は、…

続きを読む

日々の言い分154

いつか、まとめて、書きたいと思っていたが・・・ 書くことは、やめた。 情報になるからだ。 東南アジアの、児童買春である。 私は、慰霊と支援に出掛けて、東南アジアを回った。 その中で、自分で仕入れた、情報である。 また、それぞれの団体の情報もある。 少しばかり書くが・・・ 特定の地域は、書かない。 最も、多く、児童買春をしているのは、韓国人である。 事実である。…

続きを読む

日々の言い分153

安倍晋三首相の特使として自民党の二階俊博幹事長が訪韓していますが二階氏と会談した文在寅大統領は、日韓合意については「解決に時間が必要だ」と語り、歴史問題の解決には「日本が韓国国民の心情をくみ取ろうとする努力が重要だ」などと述べました。 大統領選挙で日韓慰安婦合意の見直しを公言していた文在寅氏ですから、この発言は予想の範囲内でしょう。しかし、日韓慰安婦合意はアメリカをオブザーバーとして、国際的に…

続きを読む