生きるに意味などない95

肉体の老いゆくことはさびしく、死は恐ろしい。しかしそれ以上に精神の死は恐ろしい。われわれはふつうしばしば、肉体が滅びて初めて死ぬと考える。しかし、じっさいは肉体の滅びる前に、まさにその少し前に、まずこころにおいて死ぬのである。 つまり、われわれが近接未来をあてこむとは、いまより後のものをあてこむことであるが、われわれの精神は、つぎにくるものの前にあらかじめ死ぬのである。われわれはだめになる前に…

続きを読む