玉砕225

大東亜戦争とは開戦直後、日本政府が正式に決めた名称であり、その中には、昭和天皇の開戦の詔のとおり、この戦争がアジアの安定と自国の平和と繁栄を願う自存自衛の聖なる戦いであることを明らかにし、開戦のやむなきにいたった日本側の正しい史観が込められているのであった。 清水 マッカーサー司令官は、敗戦直後の九月に、進駐するや、次々に占領指令を出し、昭和20年、1945年、12月15日の、神道指令、…

続きを読む

日々の言い分197

1565年、スペイン人のレガスピが、セブ島に到着。その後ネグロス島に米が豊富にあると耳にして、ネグロス島の首長に、ビーズと引きかえに米を要求。それを契機に、スペイン人は、たくみな手段で首長をだまし、何度かの戦闘の後、ネグロス島を領有した。  ネグロス島が本格的に砂糖生産地帯と変わったのは、1840年代のこと。植民地政庁とカトリック教会が、ネグロス島を「目覚めさせる」ために、抜本的な行政・布…

続きを読む

日々の言い分196

日本では、トヨタがレクサス部門をベンツに対抗するラグジュアリー部門として分離しましたが、まだ中途半端の感が否めません。そこへ一部企業の検査偽装が、日本車の信頼を揺るがすとなれば、高級車路線も苦しくなります。 一旦信頼を失うと、その再構築には10年、20年とかかります。人件費を抑え、短期の利益を拡大しても、市場から信用を失えば、長期の利益に響くのです。 一頃、新自由主義が市場を席巻するころ、海…

続きを読む