国を愛して何が悪い190

仏教伝来は新しい文明と技術の伝来を意味したから、古代の僧たちは、経典を伝えるだけではなく、造船、架橋、農事改革、薬の施行から、様々な生産技術の伝達あるいはその実行者であった。造型面にも大きな影響を与えた。・・・ すべて国家あるいは大貴族家の保護のもとに可能なわけだが、国家仏教と貴族仏教から離脱した法然以後、鎌倉新仏教にはこうした面は全くみられない。 亀井 確かに、そのようである。 が…

続きを読む

国を愛して何が悪い189

法然が、専修念仏に帰したのは、安元元年、1175年、43歳の時である。 13歳で、比叡山に入ってから、実に、30年間が過ぎている。 そこでは、あらゆる経典を読み、自力の限りを尽くして、雑修を積み重ねてきた。 学問においても、当時、比叡山では、第一の秀才だった。 そういう彼に自己否定を迫ったものは何か。今昔物語にも示されたような破戒と挫折を、彼はくりかえし周囲にみてきたであろうし、…

続きを読む

日々の言い分209

● 年間80~120万人の奇形児が生まれる中国で、びっくり人間「内臓逆位」が相次いで発見! 原因は食品汚染、環境汚染などが考えられます。上記のものは2年前のニュースですが、年間80~120万人の奇形児が誕生しているということです。奇形児の約半数は、生後間もなく死亡するそうですが、約半数は生涯を全うするわけです。子供たちに明るい未来はありません。少子化の日本にとって、子供は国の未来です。障害児や…

続きを読む