国を愛して何が悪い195

「西行はおもしろくて、しかも心も殊に深く、ありがたくいできがたき方も共に相兼ねて見ゆ。生得の歌人とおぼゆ。おぼろげの人、まねびなどすべき歌にあらず。不可説の上手なり。」 後鳥羽院御口伝 これは、西行に対する、絶賛の言葉だ。 隠岐島にあり、西行の山下集に、深く心を動かされたと思う。 また、同時に配流となった、土御門院、順徳院の歌にも、あはれ深いものがある。 すべて、新古今以外の世…

続きを読む