国を愛して何が悪い196

式子内親王は、後白河天皇の皇女である。 源頼政が挙兵した際に、奉じた以仁王は、兄に当たる。 保元の乱で、配流となった崇徳院は、叔父に当たり、壇ノ浦で入水した、安徳天皇は、甥に当たる。 源平合戦前夜の政治的紛争と、内乱の渦の中に生き、血縁の人々の多くが、悲運に倒れている。 それらの、悲しみを一身に引き受けたのが、式子内親王といえる。 新古今から、彼女の歌を挙げる。 山ふかみ…

続きを読む