神仏は妄想である523

さてさて、大乗仏典のような、ファンタジーに対して・・・ どのように、捉えるべきか。 理性的に考えると、おとぎ話である。 ところが、宗教家というものは、何とでも言う。 例えば、以前も紹介したが・・・ 南無阿弥陀仏、の著を書いた、柳宗悦の文には、 阿弥陀仏の物語とても同じく創作で、歴史的な事実ではなく、かかる空想を元に宗教を立てることに、懐疑を抱く人も出よう。・・・ たとえ外面…

続きを読む