もののあわれについて928

暗き程に、と、いそぎ帰り給ふ。道の程も帰るさはいと遥けく思されて、心安くもえ行きかよはざらむ事の、かねていと苦しきを、「よをやへだてむ」と思ひなやみ給ふなめり。 暗いうちにと、急いで、お帰りになる。道のりも、帰りは、とても遠く感じられて、気軽に、行き来できそうにないことが、今から、辛いが、一夜でも、欠かさぬようにと、気にやんでいらした。 まだ人さわがしからぬあ…

続きを読む