性について290

マスターベーションとは、この闇のゲームにおける醜い罪人であり、また身体と社会の退廃と混沌の原因として非難の対象となった。19世紀、堕落という主要な病の一つであると広く見なされていたマスターベーションは、ホモセックシャリティの主たる原因であり、視力の喪失や、様々な精神病の一因であると医師によって報告されることが多かった。ギルバート 以前、マスターベーションに関して、多くを書いたので、ここで少しば…

続きを読む

性について289

20世紀になると都市部の人口集地では、フェアリーからクイアまで、多種多様な習慣や名称が生まれた。20世紀初頭のフェアリーはまるで服を着替えるかのように、女性のような仕草を含めた振る舞いを、容易に「身に付けた」たり「脱い」だりできた。だが、これを性転換したいという希望と解釈するのは誤りである。・・・ギルバート 現在は、ホモセックシャリティとはカテゴリー化された、アイディンティティの幅広いスペクト…

続きを読む

日々の言い分266

「なぜ、自分の事を自分で守れない者は、確実に腐敗し、野蛮化するのか?」については十分に解説できませんでした。ついてはここで改めて、その理由をお話したいと思います。そもそも、私達は、自分の命以外の、様々なものを「守ろう」としながら生きています。家族や恋人、友人、同胞の命や幸せ「守ろう」とする人もいれば、自らが引き継いだ「伝統」を「守ろう」とする人も、そして、自分や家族の「誇り」を「守ろう」とする人…

続きを読む