神仏は妄想である531

見張り番にとって、夜はあまりに長く疲れた旅人にとって、行く道はあまりに遠い真理の道を外れた愚者にとって幾代にも、生まれて生まれて彷徨う道はあまりに果てしない 旅をするなら決して愚者を道づれとしてはならない賢者に出あうことなくともに歩む友なければただ一人で旅をつづけなさい 「おおわが子よ、おおわが宝よ」愚者はそう言って苦悩を抱く しかし子たちを、財産を、どのようにして吾がものにできようか自分…

続きを読む