死ぬ義務2

さて、死というものに、近い人は、誰か・・・老人、死期の近い病人か・・・ 当然、老年になると、死ぬことを、考える。もう、目の前に迫った、死というもの。 だが、私は言う。実は、死は、眠りと共に、万人が感じていることだ。 眠りは、死の、予感である。もし、そのまま、目覚めなかったら・・・死ぬ、のである。 音楽家の、シューベルトは、まだ若い年齢で、健康を害し、その死期を迎える前の書簡に、このように…

続きを読む