死ぬ義務3

突然だが、セックスにおける、オルガスムスというものは、先取りされた、一時的な、死であると、言う。 つまり、フロイトの言う、サナトス、死の願望、あるいは、希死念慮は、若いころから、いや、幼いころから、存在するものである。ただ、知らぬだけである。 生き物の中で、唯一、人間だけが、自殺という、高等な精神状態、あるいは、狂いを持つことが出来る。何と、人間とは、不自由な存在だろうか。 人間は、生きて…

続きを読む