国を愛して何が悪い204

信仰にとっての最大の敵は、信仰する者同士の内部にある。或いは自己の内部にある。そこに生ずる破戒、あるいは自己崩壊はくりかえされてきた。それだけではない。仏教徒と仏教徒が血を流しあい、迫害し、裁いてきたではないか。法然とともに流刑に処せられた親鸞は、この事実を忘れることが出来なかった。亀井 この事実は、日本だけではない。西洋世界も、キリスト教徒が、キリスト教徒と、血を流し合った。 その結果が、…

続きを読む