日々の言い分278

この「水戦争」はシアトルのWTO抗議行動から数ヵ月後に発生した出来事でした。コチャバンバ市の路上で起こった米ベクテル社に対する暴動は、企業のグローバリズムに対する国際的な抵抗運動を象徴するものととらえられました。「金のないヤツには水を飲ませない!」こんなことが現実に世界の途上国で起こっているのです。1999年、世界銀行はボリビア政府に、ボリビアで3番目に大きい都市、コチャバンバ市の公営水道会社「…

続きを読む