性について293

西欧諸国では、社会の認識に深いところで変化が生じている。社会研究によって明らかになったのは、第二次世界大戦前に成人した人々は、ホモセクシャアリティに関するひどいステレオタイプが組み込まれた文化的世界観へと社会化されていったことだった。そのステレオタイプには、俗信から生じたイメージだけではなく、公衆トイレやバス停にたむろする「汚れた男たち」が摘発を受け、逮捕されたというような新聞報道によって確認さ…

続きを読む

性について292

人類学者ジョセフ・キャリアによれば、あらゆる文化は寛容さの度合いによって、ホモセクシュアリティを容認するか、否認するか、あるいはその中間か、そのいずれのタイプに理念上分類できる。ここで明らかにしておくべきなのは、そういった異文化研究は、用いられるカテゴリーや、現地におけるセイム・ジェンダー関係の形態に対する研究者の感性に、支配されることである。ギルバート・ハート アフリカの、アザンデ族は、年齢…

続きを読む

日々の言い分290

北朝鮮からの亡命者日本の屈辱はまだ終わらない。日本の顔を蹴られ、誇りを踏みにじられた事件が中国で起こり、そのビデオ映像が世界中に流れた。2002年5月8日午後2時ごろ、北朝鮮の男2人と女3人(1人は2歳の幼女)が、中国にある日本・瀋陽総領事館へ脱兎のごとく駆け込んだ。素人の目にも瞬間で亡命者と判った。ビデオ・カメラが回っている。道を隔てた建物の中からNGO(非政府組織)が亡命者脱出劇を撮っていた…

続きを読む