日々の言い分289

健康に関することが、好きで・・・色々と、本を読む。 栄養学などは、とても面白い。 さて、結論から、言う。人間の健康にとって、一番悪いことは、生きていることである。 死ねば、健康など、何のその。 これが、いい、あれが、いい・・・そして、これが、ダメだ、あれが、ダメだ。 おかしいのは、ご飯である。食べるなという人もいる。実に、馬鹿馬鹿しい。 糖分を取るのが、体に悪いと言うから、驚く。日本…

続きを読む

日々の言い分288

人間にとって、幸せとは、何かと、問えば、百人百様の答えがあるだろう。 更に、歴史的に俯瞰して、主義や主張、哲学思想、宗教からは、特定の幸せの定義が、提示される。 更に、有名な人たちの、言葉もある。 今、現在の状況を生きる人は、その現状から、幸せといものを、考える。そして、唯一、それぞれの人の、幸せは、他人が作ることは出来ない。 もし、誰かが、あなたの幸せは、こうこうこういうものと、提示し…

続きを読む

生きるに意味などない130

ヒステリーのいわゆる転換症状は身体性の文字通り問題的な、目立つモノローグであって、本来、無意識的な精神性を有する身体性の原始的な脱力状態に他ならない。霜山 と、いうことで、意味付けされると、安心する。無意識的な精神性・・・・一体、どんな意味があるのか・・・ 身体は、無意識的な、精神性を有している。ここまで、来るには、フロイトはじめ、様々な、精神分析家の登場があった。 つまり、意味付けも、歴…

続きを読む