日々の言い分282

 アジアの解放を理念としたはずの大東亜共栄圏とは、実際は「天皇」という宗教をもとに、日本人が遅れた未開の人たちを指導していくというものだったのだ。そのために日本軍は、東南アジア中で現地の人たちを些細なことで平手打ちにし、軍人には日本式のお辞儀を強要した。タイでは社会的に地位の高い僧侶を殴り倒し、フィリピンではキリスト教の神父をスパイ扱いして虐殺し、インドネシアではタブーである頭を平気で触った。強…

続きを読む