死ぬ義務6

人間にとって、確実なものは、死である。そして、加えて言うと、救いのない、孤独である。 それは、普段は、感じられない、または、感じないようにしているのか。 人間へのまなざし、霜山徳爾氏の引用をする。 また石原氏は、さらに「ある「共生」の経験から」という作品の内で、この問題を別の面からとり扱っている。霜山 別の面から取り扱うものとは、孤独である。 収容所では一つの食器に二人分の貧しい食事が…

続きを読む