死ぬ義務7

ナチスの強制収容所を生き延びた、囚人の証言。 ひとり狼は早死にする、ともかくだれかと関係をわかちもたなければ収容所で生きていくことはできなかった。 極限の孤独状態にあり、更に、そこでこそ、誰かと、関係をわかち持たなければ、ならなかったというのである。 つまり、人は、一人では、生きられない。どんなに孤独な存在であっても、一人では、生きられないという、観念である。 常々、私は、今、目の前…

続きを読む