もののあわれについて937

かしこには、薫「論なく中宿し給はむを、さるべきさまに思せ。さきの春も、花見に尋ね参りこしこれかれ、かかるたよりにことよせて、しぐれの紛れに見奉りあらはすやうもぞ侍る」など、こまやかに聞こえ給へり。御簾かけかへ、ここかしこかき払ひ、岩がくれにつもれる紅葉の朽葉すこしはるけ、鑓水の水草はらはせなどぞし給ふ。よしあるくだもの、さかななど、さるべき人なれども奉れ給へり。かつはゆかしげなけれど、いかがはせ…

続きを読む

もののあわれについて936

わりなくておはしましては、程なくかへり給ふが、あかず苦しきに、宮も物をいみじく思したり。御心のうちを知り給はねば、女方には、「またいかならむ。人わらへにや」と思ひ歎き給へば、げに心づくしに苦しげなるわざかな、と見ゆ。京にも、かくろへて渡り給ふべき所も、さすがになし。六条の院には、左のおほいとの、片つ方に住み給ひて、さばかりいかでと思したる六の君の御事を、思し寄らぬに、「なま恨めし」と思ひきこえ給…

続きを読む

日々の言い分296

様々な関連ニュースが報じられる中、日本では、俳優の杉良太郎さんによる復興支援の話題がインターネット上で話題になっているそうですね。その内容は、震災直後、被災地にボランティアに駆けつけた杉さんへのインタビューを改めて紹介したもの。「偽善とか売名と言われることもあると思いますが…」と聞かれた杉さんが、「ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうに…

続きを読む