死ぬ義務8

更に、有名なアウシュヴィッツの収容所では、遅かれ、早かれ、死ぬ、ということが、当然なことである。 それを生き抜くとは、様々な要因によるものとはいえ、その報告からは、同じ痛みの内に書かれているものが、多くある。 そのナチスの強制収容所では、何とか「プロミネント」になることが、「ムーゼルマン」(それは回教徒、瀕死直前の囚人を指す)に陥ることを防ぐ唯一の、方法だった。 プロミネントというのは、カ…

続きを読む