玉砕252

日露戦争後に、アメリカ海軍は日本を仮想敵国とする、オレンジ計画を立てた。そして、それに拍車をかけたのが、民主党のウィルソン大統領である。この、大統領は、人種差別主義者である。 日米開戦に決定的な力を発揮したのはルーズベルト政権だった。大統領のフランクリン・ルーズベルトは民族に対する偏見があり、「日本人の頭蓋骨はわれわれのものより約二千年、発達が遅れている」という見解や「人種間の差異を重視し、人…

続きを読む