生きるに意味などない134

さて、ここから少しばかり、西洋の思想哲学のあり方と、日本の、物の考え方について書く。 別に、作為はない。ただ、流れる私の心のままに、エッセイを書く。 「人間の問い」の問い方がロゴスによる問い方に限られるとしたら、あるいはその他の問い方が可能であるとしても、ロゴスによる問い方がもっともすぐれているのだとしたら、日本人の生き方はまことに不まじめであるか、未熟であると言われてもしかたがない。事実、…

続きを読む