生きるに意味などない135

人類学者、石田英一郎氏の論説から・・・ ユーラシア内陸遊牧民族に共通の、一神教的な天の崇拝の特徴として、第一に、天空そのものを神とみること。第二に、この神すなわち天は、世界秩序の摂理の力であること。第三に、この上天神には人格神の要素が希薄であり、人格化して表象される場合には、原則として女性ではなく、男性、母ではなくて、父として考えられる。 このような特徴を持った信仰から、ユダヤ、キリスト、イ…

続きを読む