神仏は妄想である544

日本人の、仏教受容について考察する場合、山岳信仰、他界=浄土観、遺骨信仰についてを、前提にする。 更に、平安期の最澄、空海の、仏教思想も、歴史的には、三つの要件によって、限定され、変容していった。その結果、天台宗が教団的な基礎を固め、真言密教が民衆の間に、勢力を伸ばしていった。 また、同様に、鎌倉仏教の、法然、親鸞、道元、日蓮などの思想も、その三つの要件を抜きにしては、その後の、歴史的展開に…

続きを読む