もののあわれについて952

中納言の、あるじ方に住みなれて、人々安らかに呼びつかひ、人もあまたして物参らせなどし給ふを、あはれにもをかしうも御覧ず。いといたうやせ青みて、ほれぼれしきまで物を思ひたれば、心ぐるしと見給ひて、まめやかにとぶらひ給ふ。 中納言が、主人顔して、住みつき、この家の者どもを気楽に呼んで、使い回し、女房も、大勢使い、食事を差し上げさせたりするのを、可哀そうとも、面白いとも御覧になる。酷いこ…

続きを読む