神仏は妄想である554

中国の「絹の道」経由の、仏教伝来は、西暦前後から始まった。そして、中国人が、自らの言葉で読める、漢訳の仏典が出来上がったのは、二世紀の後半である。 洛陽に来た、古代西アジアの国、安息国、パルチアの高僧安世高と、中央アジアの古い王国、大月氏の僧、シルカセンに始まる。 前者が小乗を説き、後者が、大乗仏典を訳した。大乗の浄土経典も、シルカセンによって、訳された。 シルカセンは、大乗仏教興起初期、…

続きを読む

神仏は妄想である553

地上の奉仏者、仏道修行者が、死して兜率天に生まれ、奉仏修道生活を続けたいとの信仰は、早くから、仏陀を思慕し、仏道修行に勤める人々の間に、行われていた。そして、大乗仏教も、それを取り入れて、更に、盛んになる。 この信仰は、中国にも伝わり、中国仏教教団の最初の、樹立指導の師主となった道安は、生涯の情熱を大乗「般若経」に研究に傾け、かつ門下に教授した。 そして、四世紀の晩年には、門下八人と、兜率天…

続きを読む

日々の言い分380

「うちの嫁はんの女友だちを見ていると、まず8割は虫のいい女です。地道に働いて、なるべくお喋りをしない、という覚悟がない」。書かんでもいいことを。田舎の母親は親類の男から「あんたの伜に悪う書かれた」と棒で殴られ半殺しの目にあわされた。「小説を書くにはある程度覚悟はいります」って……。「小説を書きたい」という71歳の向学心ある年金生活者。回答は「善人には小説は書けません」。人の頭脳は4種類、頭のいい…

続きを読む