神仏は妄想である557

慧遠は、廬山が秀でるように、中国仏教界から、浄土宗始祖と尊ばれた。 その念仏結社は、僧俗の秀逸が多かったと言う。その影響は、大きく、確かに、中国浄土教史の初期に特記されている。 しかし、その結社が、般舟三昧経に依る限り、日本の浄土諸宗のような、他力本願でもなく、衆生をすべて救うという、全人類の救済を目指す、浄土往生教でもない。 それは、選ばれた賢人隠者の宗教である。 かつて、全人類を救う…

続きを読む