日々の言い分418

日高見国の中心が、現在の茨城県鹿島地方にあったと推定される根拠が、神社縁起などに見られる。『延喜式』にある「延喜式神名帳」を見ると、江戸時代まで皇室と関係する「神宮」は、伊勢の神宮の他には、「鹿島神宮」(茨城県鹿嶋市)と「香取神宮」(千葉県香取市)のみである。三つのうちの二つが関東にあり、しかもこの二つは伊勢の神宮よりもはるかに古い。 鹿島地方は6,7千年前の縄文前期からの土器や遺跡が多数見つか…

続きを読む

日々の言い分417

日本からすれば韓国の「非礼」連発に堪忍袋の緒が切れたのでしょうが、かつて日本に侵略されたとの怨念が強い韓国には、これまでの非礼を顧みる余地はますますなくなり、再び日本に侵略されるな、悪いのは日本の侵略主義だと反日感情を高め、国がまとまりつつあります。その間に、日韓には北朝鮮・中国・ロシアがチャンスとばかりに両国を攻め込んでいます。日本も東シナ海、北方領土が中ロに脅かされつつあります。外交交渉が通…

続きを読む

国を愛して何が悪い237

芸能人として、観客の心を魅するものは何か。彼らはそれを絶えず求めた。「珍しき」と「面白き」と、この二つだということを知り抜いていたし、どんな時代でも観客の心をひく、これは原則だと言ってよかろう。亀井 果たして、現代の芸能人は、その芸というものを、どう考えているのだろうか。芸能論を語るほどの、芸人がいるのか・・・ また、現代の芸能人には、芸、というものが、あるのか・・・私には、解らない。 ま…

続きを読む