日々の言い分418

日高見国の中心が、現在の茨城県鹿島地方にあったと推定される根拠が、神社縁起などに見られる。『延喜式』にある「延喜式神名帳」を見ると、江戸時代まで皇室と関係する「神宮」は、伊勢の神宮の他には、「鹿島神宮」(茨城県鹿嶋市)と「香取神宮」(千葉県香取市)のみである。三つのうちの二つが関東にあり、しかもこの二つは伊勢の神宮よりもはるかに古い。 鹿島地方は6,7千年前の縄文前期からの土器や遺跡が多数見つか…

続きを読む