玉砕282

2010年、北海道の私有林、七カ所、計406ヘクタールが、中国を含む外国資本、外国人に買われていたことが、北海道の調査で明らかになった。 406ヘクタールといえば、東京ドーム86個分ほどの広さだ。 場所は、倶知安、ニセコ町、砂川市等。七名の買い主で、中国、香港系企業が、四法人、タックス・ヘイブンに拠点を置く、ペーパーカンパニーの名前もある。 だが、この数字は、2009年の一年間に手放された…

続きを読む