国を愛して何が悪い238

能楽を大成したのはたしかに彼に違いないが、すでに述べたように、作品は民衆の「忘れ得ぬ思い出」に深くむすびついていたし、直接的には、当時の田楽申楽の先駆者たちの芸の摂取と継承の上に成立したものである。亀井 当然、その時代を作るものは、それ以前の時代に負う。その中で、その一筋に秀でた者が、大成する。何事も、そうである。 だから、簡単に言えば、芸人として、世阿弥より、優れた人がいた可能性が高い。た…

続きを読む