日々の言い分453

万葉歌手、辻友子の、プロデューサーをしている。 最初の頃、万葉集を歌う、ということに、疑問を持つ人がいて・・・と、いうより、万葉集を歌う、ということの、理解が得られなかった。 つまり、万葉の歌に、曲をつける、作曲して歌うということである。 そのリサイタルも、37回を過ぎて、漸く、理解され始めた。38回目は、福岡公演である。 私自身、万葉集、源氏物語を読み続けて、いまも、もののあわれについ…

続きを読む