生きるに意味などない168

目下急速に進行中の「地球社会化」プロセスの圧力のもと、巨大なテクノロジー的機構のなかで一様化され平均化された生き方を余儀なくされている現代的人間の経験しつつある深刻な実存的危機として、自己疎外、自己喪失というものがあることを、私は先に指摘いたしました。自己喪失ーーーそれこそまさに、近代化生活の特徴をなす科学技術的「機械」の部品として、日ごとに均一化されていく生活を送ることを強いられる人間が、自分…

続きを読む