日々の言い分468

日銀は、現在、ステルス・テパーリングを行っている。長期国債の買取額を減らして、長期金利をプラス圏に維持したいようである。短期金利は、マイナスのままにすることで、金融緩和をしていることになり、ETF買いで、株価を維持させている。皮肉にも、ドイツ国債と違って、長期金利がプラス圏になり、日本国債を欧州勢が買い、魅力ある国債になっている。欧米中央銀行が金融緩和に再度、戻ってきたことで、円高を心配したが、…

続きを読む

日々の言い分467

ジム・ロジャーズは、とても良い提案をしている。 世界的に農業従事者の平均年齢は上がる一方だ。日本でも農業従事者の平均年齢は約66歳と高齢で、一部の地域では農業従事者がいなくなり、空き農地も増えているという。農家の子供たちは、東京や大阪に移り住んで別の仕事をしている。これまでのように血縁による後継者だけに頼ってくれば、日本国内には農業の担い手がいなくなり、やがて日本の農業は衰退してしまう。ジム・…

続きを読む

もののあわれについて980

女君もあやしかりし夜のことなど、思ひいで給ふ折々なきにしもあらねば、まめやかにあはれなる御心ばへの、人に似ずものし給ふを見るにつけても、さてあらましを、とばかりは、思ひやし給ふらむ。いはけなき程にしおはせねば、うらめしき人の御ありさまを思ひくらぶるには、何ごともいとどこよなく思ひ知られ給ふにや、常にへだて多かるもいとほしく、「物思ひ知らぬさまに思ひ給ふらむ」など思ひ給ひて、今日はみすのうちに入れ…

続きを読む