死ぬ義務46

さて、尊厳死、安楽死についての、倫理学的な考察を、一度止めて、軽い問題のような、哲学の話にする。 書いている私も、読む人も、倫理学的考察では、疲れる、飽きる。 どうしたって、終わらないエッセイである。延々と書き続けることになる。 アメリカ、イェール大学で23年の連続講義で有名な、「死」とは何か、を書いた、シェリー・ケーガン氏の、論文である。 その、日本縮約版を読む。 実に、饒舌である。…

続きを読む