死ぬ義務47

ここでその難問の一つを紹介し、それがどのようなものか、手早く感じをつかんでもらおう。仮に、私は死後、存在しなくなるとしよう。その場合、じっくり考えてみると、死が私にとってどうして悪いものでありうるか、わからなくなってしまう。なにしろ、死んでしまった私にとって、死が悪いものであることなどありえないように思えるからだ。シェリー・ケーガン 死ぬと、何もないと言う人にとっては、当然のことだろう。死んだ…

続きを読む