神仏は妄想である573

善導の浄土教大成のあらましについて、書く。 善導は、613年から、681年の人である。日本では、推古天皇の時代に当たる。 その善導の、浄土教がいかなるものであるかを、善導の著作から、見ることにする。 その一つに、観経疏の巻一の劈頭に、まず勧む。大衆よ。発願し、三宝に帰せよ。である。 僧も俗も、現代の大衆諸君よ。おのおの人生の理想、つまり、仏の悟りに、進む決意を誓願せよ、との語り掛けである…

続きを読む