生きるに意味などない171

観想により、深層意識に、特異なレベルが現成する。それが、古代中国の思想家、荘子が、混沌と呼んだ。 混沌とは、カオスである。 表層意識では、色々な事物が、原則的に、明確にそれぞれ他から区別された世界である。しかし、深層意識になると、それらが、混沌とするというのだ。 それが、次のお説である。 ところが、人が内的に観想状態に入り、その状態がだんだん深められていくにつれ、今まで感覚的に経験されて…

続きを読む