くたばるぞ北海道19

「アイヌ共和国、琉球独立」の源流、という部分で、砂澤陣氏の文を、引用する。 以下アイヌの人々は、太田の唱えた窮民革命論を、アイヌを見下した論理であり、新左翼活動の先兵としてアイヌを利用しようとするものであり、賛同できるものではない、と表面的には否定している。しかし彼らは、自分たちは太田の言う「窮民」ではないと否定しながら、結局、「生活困窮=弱者=被害者」という立場から、自己都合的な理論を展開し…

続きを読む