日々の言い分498

この連載では、自民党政権による中央集権体制は限界を見せており、これからは東京や大阪、京都、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡などの大都市に政府の権限の多くを移管し、その大都市の周りを市町村が囲み、社会保障や福祉などの行政サービスを提供する「地方主権」を実現すべきだと論じてきた(第204回)。新型コロナウイルスの感染拡大が浮き彫りにしたのは、まさに自民党の限界と地方の可能性だろう。 新型コロナウイルス…

続きを読む