死ぬ義務54

シェリー・ケーガンの、「死」とは何か、という書籍を読んでいる。 ここで、あまりにも、饒舌なので、彼の、「死が悪い」ということについての、結論を見る。 だから、私が剥奪説を持ち出して、死について悪いことのうちで中心的な問題は、人生における良いことを剥奪されるという事実だと言うときには、剥奪説に関しては何から何まで明瞭で申し分ないと主張するつもりはない。なぜ死が悪いことでありうるかについては、、…

続きを読む