死ぬ義務57

厭苦死は、安楽死の、一つの形である。19世紀以来、論じられてきた、安楽死は、つまり、このことだった。 伝統的な安楽死は、傷病を中心にして見ていた。それは、傷病が、絶望的に不治であるというものである。 不治であり、結局は、死ぬという意識だ。 伝統的な安楽死の概念において、狭義のおいての、生物段階生命においての、末期という意識である。瀕死とは、末期である。 つまり、不治で、回復の見込みのない…

続きを読む